コストコアドバイザーのコス男によるコストコおすすめ商品紹介のブログです。コストコの人気商品のランキングや店舗情報、コストコ通販、渋滞予測なども掲載しています。

【驚愕】コストコのシーフードアヒージョで家がスペインバルに大変身

スポンサードリンク

スペイン料理といえば、パエリアが有名だが、最近ではアヒージョという料理も身近になってきた。
ただ、やはり自宅でスペイン料理となると、まだまだハードルが高いのが現実だ。

コストコでは3年くらい前からシーフードアヒージョが販売されていて、現在もとても人気の商品になっている。
人気の秘密は、スペイン料理という珍しさ、そして美味しさ、お手軽さだ!

やはり、日本のスーパーではアヒージョを取り扱いしているところも少なく、1から自分で作ろうとすると、材料集めやオーブンで調理したりとなかなか慣れるまでは面倒な料理なのだ。

それが、オーブンなしでフライパンさえあればたったの10分でできるコストコのシーフードアヒージョは魅力的。

これ1つあると自宅が一気にスペインバルに変身だ!
特別な日や友人を招いてのパーティーなどで盛り上がること間違いなし!

では早速紹介しよう。

アヒージョとは

アヒージョとはスペイン語で『ニンニク風味』を意味する言葉だ。
スペインのマドリードから南の地方の料理で、タパスという小皿料理のことを指す。

ニンニクやローズマリー、きのこや玉ねぎなどの食材をカットして、オリーブオイルで煮込んだものだ。

日本では、スペインバルなどのスペイン料理専門店などで食べられていた料理だが、最近では一般のレストランや居酒屋などでもメニューとして取り入れられるようになってきて、日本人にとっては少しは身近になりつつある料理だ。

コストコのシーフードアヒージョの詳細

 

品番:96347
名称:総菜半製品
原材料名:マッシュルーム、ゆでえび、ゆでだこ、オリーブ油、玉ねぎ、しめじ、にんにく、ゆでムール貝、オイルソース(植物油脂、食塩、その他)、赤パプリカ、ローズマリー、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、酸化防止剤(エルゾルビン酸Na、亜硫酸塩、V.C)、pH調整剤、ミョウバン、香料、(原材料の一部に、小麦、大豆、魚介エキス(魚介類)を含む)
保存方法:要冷蔵4℃以下
調理方法:フライパンに添付のオリーブ油を入れ、ローズマリーとにんにくを熱し、ローズマリーを取り出してすべての具材を入れ、10分程度加熱してお召し上がりください。オリーブ油が10度以下の場合には固形化、白濁する事がありますが品質には影響ありません。
※この製品は卵、乳、かに、落花生を使用した設備で製造しています。

内容量:665g
消費期限:購入日含めて3日でした

値段:

1,280円(税込)

総菜半製品ということもあり、このままレンジでチンして食べることはできない。
エビやタコなどの魚介が入っていて、すでに火が通った状態で販売されているので、フライパンさえあれば10分の加熱で簡単に調理することが可能だ!

アヒージョではあるが、さすがにコストコらしく665gも入っていて大人2人で食べると半分くらい余ってしまうので、翌日にアレンジレシピなどで使いきる必要がある。

具材のボリュームの割には、入っているオリーブオイルの量が少ない気もしたのだが、コストコ流のアヒージョという感覚でいたほうがいいだろう。
やはり、スペインバルのようなオリーブオイルがヒタヒタになっているようなアヒージョとは少し違うのだ。

コストコのシーフードアヒージョを買って調理してみた!

コストコに行って、お目当てのシーフードアヒージョを買ってきた!

この日はちょうどクリスマス。自宅でクリスマスパーティーをするのに、どうしてもコストコのアヒージョが食べたいと駄々をこねて買ってきたものだ。

コストコで買ってきたシーフードアヒージョのパッケージはこんな感じだ。

中を見てみると、タコやエビなどの具材がギッシリ詰まっているのが見える!
そして、対角線上に配置されて入っているのはニンニクとオリーブオイルだ。

ウチではあまりお目にかかることのないローズマリーと思われるハーブも見える。

これだけでは、それくらいのサイズなのかが分かりにくいので、実際にメジャーでシーフードアヒージョのパッケージのサイズをはかってみた。
幅は20センチくらい


奥行きもほぼ一緒の正方形だ。


高さは7センチくらいあった。

コストコらしく、アヒージョにしてはかなり大きめでボリュームがあるビッグサイズだ!

早速調理をするために、パッケージの透明なフタをあけて見たのがこちら。

よく見ると、タコとエビだけでなく、ムール貝や、マッシュルーム、パプリカや玉ねぎなど美味しそうな具材がたくさん入っている。
しかも、火が通っているので10分くらいフライパンで加熱するだけだ。

これは便利!フライパンでたったの10分加熱するだけで、本格的なスペイン料理を自宅で堪能できる。

まずは、中に入ってるオリーブオイルをフライパンに注いで熱していく。
具材の量の割にはオリーブオイルが少なく感じるのだが、この後具材を入れて熱していくとなるほどと思うはずだ。
そこへ、同じくパッケージに入っているニンニクをそのまま投入した。

ニンニクは、お好みでスライスして入れてもいいし、包丁でつぶして入れてもいい。
かなりの量のニンニクが入っているので、ニンニクが苦手な人や、翌日人と会う予定がある人は少なめにしてもいいし、抜くことも可能だ。

そして、ローズマリーの葉を入れると、一気にキッチンがいい香りに包まれる!
ローズマリーの香りってこんなにいい香りだったんだと思い出した。

ニンニクに火が通ったところで、ローズマリーの葉を取り出し、シーフードアヒージョの具材を一気に投入する。
もし、量が多くて翌日のアレンジ料理に使う場合はすべて投入する必要はない。

あとはフタをして10分間加熱するだけだ。


加熱していくと、魚介や野菜などから一気に旨みの入ったスープが出てきて、アッという間にスープに浸ったアヒージョが出来上がる。

出来上がりはこちら!

普通にイメージするアヒージョは、オリーブオイルがもっとたっぷりのイメージがあるかもしれないが、コストコのシーフードアヒージョは、具材の中から出てきたスープとオリーブオイルを一緒に楽しむようなスタイルだ。

具材を全部入れて調理すると、かなりのボリュームになるので、家庭にあるお皿には入らないかもしれない。
ウチの場合は、フライパンの取っ手がとれるタイプのものなので、フライパンのまま食卓へもっていきドーンと置いて取っ手を外しただけ。

オシャレに作るのなら、具材を半分くらいにしてスキレットやグラタン皿などに盛り付けたほうがいいだろう。

コストコのシーフードアヒージョを食べてみた!

出来上がったら、冷めないうちにシーフードアヒージョを食べてみよう。

まずは美味しそうなタコから

コストコのシーフードアヒージョに入っている具はコストコで売られている食材で作られているそうだ。
たしかにタコを食べてみると、コストコで売っている大きくておいしいタコの味がする。
おそらくモロッコで捕れたタコなのだろう。

柔らかいのだが、タコ独特の食感を楽しめる。
いやー、これは美味しい!幸せー!

そしてエビ

エビもコストコらしいエビだ。
ただ、ちょっと火が通り過ぎているせいか、若干硬めになっている。
でも、サイズ的にも食べやすいサイズで、アヒージョの味がしっかりとしみ込んでいて美味しかった!

更にムール貝!

そして、マッシュルームが絶妙だった!

シーフードアヒージョの全体の見た目のバランス的に、マッシュルームなどのキノコ系が多いなと思ったのだが、マッシュルームを食べたらキノコ系が多いほうがいいかもって思ったほどだ。

アヒージョから出てきた魚介のスープをしっかりとマッシュルームが包み込んでいて、噛むとその旨みが口の中にドバーっとあふれ出てくる。
これは本当に絶品!マッシュルームもっと欲しいーって思ってしまった。

このシーフードアヒージョは、やはりスペイン料理ということもありワインにとてもよく合う。
そして、バゲットを浸して食べるとまた味がしみ込んでとても美味しい!
バゲットではなくて、コストコで売っているディナーロールと一緒に食べても合う!

オリーブオイルを結構入れたのだが、魚介のスープと混ざりあっているせいか、それほど脂っぽくなくてあっさりと食べられるのがいい。
これで、コストコのパエリアがあったら完全に自宅がスペインバルに大変身だ!

大満足のクリスマスディナーだった!

シーフードアヒージョが余ったときのアレンジレシピ

コストコのシーフードアヒージョは、665gも入っているので、食べきれないこともあるだろう。

ウチのように4人家族でも、子供たちはアヒージョはあまり好きではないのだ。
ちなみに、ウチの長男はキノコとタコが苦手。タコ焼きもタコを抜いて「焼き」で食べているくらいだ。

となると妻と自分の2人で食べることになるのだが、2人で食べるにはかなりボリュームが多くて残ってしまう。
かといってあまり日持ちしない商品なので、なんとかして早めに食べたい。
そんな時にいいのがアレンジレシピだ。

ネットやツイッターなどで見て、ウチでたまに試すアレンジレシピはこちらの3つ。

 

アヒージョパスタ
コストコで売っている高級パスタのガロファロと一緒にアヒージョを入れて作ると絶品だ。

アヒージョベーグル
コストコで売っているベーグルにアヒージョをのせて翌日食べると違った食感で美味しい!

アヒージョサラダ
葉物系の野菜にアヒージョをトッピングして食べるとあっさりしていてとてもいい!

 

このように、余ったアヒージョを使って翌日にアレンジレシピとして食べると無駄がなくて美味しく食べることができる。
しかも、アヒージョだけで食べる感じと全く違う感じになるので、飽きないのがとてもいい。

是非、試してみよう。

まとめ

ということで、今日はコストコで売っているシーフードアヒージョを徹底紹介した。

最近ではレストランなどでもアヒージョを見かけることも多くなってきてはいるが、自宅で食べるという料理ではない。
しかし、コストコのシーフードアヒージョは、フライパン1つあればたったの10分でお手軽に本格的なスペイン料理を堪能できてうれしい!

ただ残念ながらアヒージョ自体はメインディッシュにはならないのだが、アヒージョがあるだけで盛り上がる!
魚介が入っているせいか、サイドメニューにしては少しお高めなので、もう少し量を少なくして安くなると嬉しいかもしれない。

自宅が一気にスペインバルに大変身するコストコのシーフードアヒージョ。
まだ食べていない人は、コストコへレッツゴー!

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

関連コンテンツ

スポンサードリンク

知らなきゃ大損!
コストコで使えるカードは年会費無料じゃないとね!コストコ通が持ってる初年度年会費無料の当サイトおすすめのカード2種類はコレ!2年目以降は毎年1度でも使えば毎年年会費がタダです!
>>>詳しくはこちら!






人気記事ランキング

書いた人:コス男



コストコアドバイザー
千葉県千葉市在住。妻と子供2人の4人家族。
コストコ歴10年以上のコストコ熱烈カスタマー。
コストコに関する広範囲にわたる知識を持つ。
幕張倉庫店をメインに出没中。

プロフィール全文はこちらからどうぞ!

インスタグラムもやっています♪

Instagram

ブログ村