コストコアドバイザーのコス男によるコストコおすすめ商品紹介のブログです。コストコの人気商品のランキングや店舗情報、コストコ通販、渋滞予測なども掲載しています。

【真剣対決】コストコのプルコギベイクvsチキンベイクを食べ比べ!

スポンサードリンク

コストコのフードコートでベイクといえば、プルコギベイクとチキンベイクですよね。
クォーターパウンドホットドッグはドリンク付きで180円でとてもお手軽ですけど、毎回クォーターパウンドホットドッグでは飽きてしまいます。
プルコギベイクとチキンベイクはどちらも420円で、コストコのフードコートではちょっとお高めですが、たまに食べたくなります。
しかし、いざ注文しようとするときにプルコギにしようかチキンにしようか迷う人も多いはず。
実際に両方食べてみてどちらが美味しいのか食べ比べしてみました。

コストコのプルコギベイクとチキンベイクを買いました!

コストコのフードコートで、プルコギベイクとチキンベイクを買いました!
2017年1月8日に行ったのですが、たまたまチキンベイクが50円割引で370円でした。
チキンベイクはあまり安くなることがないので、とてもラッキーでした。

まずは、見た目をチェックしましょう。
こちらが購入したばかりのプルコギベイクとチキンベイクです。

手前がプルコギベイクで、奥がチキンベイクです。
どちらも長さが25〜30センチくらいあって、表面にカリカリのチーズがついていてとても美味しそうです!


これだけでは、どれくらいの大きさなのかが分かりにくいので、コストコの会員カードをおいてみました。

どうですか?
かなり大きいということは分かりますでしょうか?

見た目だけではどちらがプルコギベイクなのかチキンベイクなのかが分からないためか、チキンベイクの方の銀色のラップが折り曲げられていました。
商品を渡す時に店員さんが親切に説明してくれましたよ。

プルコギベイクとチキンベイクを食べ比べ!(プルコギベイク編)

今回は、中2の娘と二人でコストコに行って、プルコギベイクとチキンベイクの食べ比べをしました。
食べ比べするために、プルコギベイクとチキンベイクを2つに割って両方食べられるようにしました。

まずはプルコギベイクを半分に切りました。

いきなり失敗したと思ったのが、半分に切るためのナイフをもらってこなかったことです。
プルコギベイクもチキンベイクも、中に入っている具材の水分が多いので、手で切ろうとすると水分で柔らかくなっているところから具が飛び出してしまうのです。
プルコギベイクを手で2つに切るときも、中央をギュッと持って割ろうとしたらお肉が飛び出てしまいました(汗)

カウンターで受け取る時に、プラスチックのフォークとナイフをもらうようにしたほうがいいですよ。

プルコギベイクはリニューアルされたみたいで、以前よりも大きくて長くなりました。
実際に持ってみると分かりますが、ズッシリとしますね。

そして、プルコギベイクに入っている具は、あのプルコギビーフなのですが、キウイが入って柔らかくなりましたよね。
甘い肉の味が苦手という人もいるようですが、自分も娘も大好きな味です。
たぶん、プルコギビーフだけでなくチーズも入っていて溶けているような気がします。

パンの表面にはカリカリのチーズもついていて、とても香ばしくて美味しかったです!
このプルコギベイクのパンは、とても薄皮のパンになっていてお肉が入っているパンという感じではなく、肉にパンが巻かれているような感じです。
食感はモチモチしていてとても美味しいですよ。

ただ、サイズがかなり大きいので一人で完食しようとすると厳しいですし、正直言って飽きてしまいます。
あとはカロリーも気になるところですね。
これだけズッシリとした重さで肉が入っていますから、おそらく900〜1,000キロカロリーあってもおかしくないと思います。

まあ、コストコなのでカロリーは気にしてはダメかもしれません(笑)

プルコギベイクとチキンベイクを食べ比べ!(チキンベイク編)

そして、チキンベイクを手で割って2つに分けてみました。
プルコギベイクのときに失敗したので、今回はパンの端から慎重に手で分けていきます。


中の具が飛び出ることなく上手に割ることができました。
チキンベイクはプルコギベイクと同じく通常の価格は420円です。
一時期、フードコートからチキンベイクがなくなったこともありましたが、今は復活して販売されています。

サイズも見た目も全く同じなので、倉庫店によってはチキンベイクを注文したらプルコギベイクだったなんていう間違いもあるそうですが、今回は大丈夫でした。
わかりやすく、包んでいる銀色の包装紙の隅っこを折り曲げてくれていました。

パン自体はプルコギベイクと全く同じパンを使っていて、モチモチしていて表面にカリカリチーズがついて香ばしくて美味しいです。
中の具は、ホワイトソースのようなグラタン風の具になっていて、チキンの胸肉、ベーコン、玉ねぎなどが入っています。
ずっとホワイトソースだと思っていたのですが、これはシーザードレッシングで味付けしているらしいですよ。

プルコギベイクを食べた後にチキンベイクを食べたせいか、とてもあっさりしていて美味しかったです。
おそらくカロリーもプルコギベイクより低いのではないかと思いますが、それでも800キロカロリー程度はありそうですね。

コストコのプルコギベイクとチキンベイクの食べ比べの結果

さて、いよいよ判定です。
じゃ~ん!
自分『チキンベイクのほうが美味しい!
娘『プルコギベイクのほうが美味しい!

と意見が割れてしまいました。
が、しかし共通の意見としては

どっちも美味しいけど、1人で1本食べたら飽きるので、2つに切って両方食べるのが一番美味しいかも!

ということでした。
以前のプルコギベイクとチキンベイクはもっと小さかったので1人で1本完食しても飽きなかったのですが、今のこのビッグサイズになってからは大きすぎて1人で食べたら飽きてしまいます。
なので、コッテリのプルコギベイクとあっさりのチキンベイクを半分にして食べないと食べきれません。
できれば、3人以上でシェアしたほうがベストですよ。

ということで、味自体はドローで、結論としては『シェアして両方食べるのが美味しい!』ということになりました。

まとめ

ということで、無事にプルコギベイクとチキンベイクの対決が終了しました。
プルコギベイクはキウイが入ったリニューアルされたプルコギビーフが中に入っていてコッテリ味。
一方、チキンベイクはチキンやベーコン、玉ねぎなどが入ったホワイトソース系のあっさり味。
どちらも味の系統は全く違っていて、甲乙つけがたい味でした。
どちらを選ぶかは完全に好みの問題ですね。
ただ、どちらを選んだとしても1本を1人で完食するのは味に飽きてしまうのでかなり厳しいです。
2人以上でシェアして食べれば飽きずに完食することができますよ。

コストコのフードコートでベイクシリーズを注文するときの参考にして頂けたら嬉しいです。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

関連コンテンツ

スポンサードリンク

知らなきゃ大損!
コストコで使えるカードは年会費無料じゃないとね!コストコ通が持ってる初年度年会費無料の当サイトおすすめのカード2種類はコレ!2年目以降は毎年1度でも使えば毎年年会費がタダです!
>>>詳しくはこちら!






人気記事ランキング

書いた人:コス男



コストコアドバイザー
千葉県千葉市在住。妻と子供2人の4人家族。
コストコ歴10年以上のコストコ熱烈カスタマー。
コストコに関する広範囲にわたる知識を持つ。
幕張倉庫店をメインに出没中。

プロフィール全文はこちらからどうぞ!

インスタグラムもやっています♪

Instagram

ブログ村