コストコアドバイザーのコス男によるコストコおすすめ商品紹介のブログです。コストコの人気商品のランキングや店舗情報、コストコ通販、渋滞予測なども掲載しています。

【絶品!】コストコで売っている伊藤ハムのハンバーグステーキの感想

スポンサードリンク

最近のレトルト食品のクオリティーはすごいですね。
セブンイレブンの『金のハンバーグ』などもその代表例ですが、実はコストコで売っているレトルトのハンバーグも凄いんですよ。
そのハンバーグは伊藤ハムの『ハンバーグステーキ』という商品です。
パッケージを見ると、海外の商品?って思ってしまうものなのですが、実はこのハンバーグがすごかった。
今回は、コストコの『ハンバーグステーキ』を食べてみた感想を紹介したいと思います。

伊藤ハム『ハンバーグステーキ』とは?

コストコのチルドコーナーに置いてある伊藤ハムのハンバーグステーキは、こちらの商品です!


黒いパッケージにドーンと『HAMBURGER STEAK』と書かれています!
パッケージの表面のハンバーグの写真を見ると、とても肉々しくって美味しそうです。

黒いパッケージで、ほとんどが英語で書かれているので、一見すると外国の商品だと勘違いされている人も多いのですが、実は伊藤ハムの商品なんです。
240gのハンバーグが3個入っていて、通常価格が1,048円のところ、200円OFFで購入したので848円でした。

1個あたり283円ですので、結構お高めな感じです。
ただ、レトルトですので温めて食べれば、夕飯の手抜きをしたいときにはとても便利ですよ。

パッケージのサイズが結構大きいので、冷蔵庫のスペースもあけてから買ったほうがいいですよ。
念のために、パッケージの箱のサイズをはかってみました。


幅は32センチ

奥行きは15センチ
厚みはそれほどないので、あまり心配しなくても大丈夫です。
どうしても場所がない場合は、箱をあけてパウチに入っているハンバーグを保存しても大丈夫です。

伊藤ハム『ハンバーグステーキ』の詳細(原材料名など)

こちらがパッケージに書かれているハンバーグステーキの詳細です。

加熱食肉製品(包装後加熱)
名称:チルドハンバーグ
原材料名:食肉等(牛肉、豚肉、牛脂肪)、たまねぎ、つなぎ(パン粉、卵白、でん粉、粉末状植物性たん白)、食塩、砂糖、香辛料、チキンエキス、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、香辛料抽出物、香料
ソース(デミグラスソース、たまねぎ、ビーフエキス、ポークエキス、トマトピューレー、ルー、バター、水あめ、牛脂肪、ワイン、砂糖、オニオンエキス、フォンドボー、香辛料、チキンエキス、食塩、酵母エキス、着色料(カラメル、カロチン)、増粘剤(加工でん粉)、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、香辛料抽出物、香料、pH調整剤、酸味料、グリシン)、(原材料の一部に卵、乳成分、小麦、大豆、ゼラチンを含む)
内容量:720g(240g(固形量155g×3個)
賞味期限:購入した日を含めて29日でした
保存方法:10℃以下で保存して下さい
製造者:伊藤ハムデイリー株式会社

栄養成分表示(100gあたり)
熱量:154kcal
たんぱく質:11.1g
脂質:8.3g
炭水化物:8.6g
ナトリウム:470mg
ーーーーーーーーーーーーー
(食塩相当量1.2g)

伊藤ハム『ハンバーグステーキ』の作り方・使い方について

では早速、伊藤ハム『ハンバーグステーキ』を調理していきましょう!

まずはパッケージの箱を開けていきます。
シールでふさがれているので、カッターで切ります。

箱の蓋をあけてみると

じゃじゃ~ん!
大きなハンバーグが3つ並んで入っていました!

手に持ってみると、ずっしりと重みがあります。

それもそのはず、ハンバーグ1個の重さは240gもあります。
通常の価格が1,048円と、お高めですがその価値は十分にありますね。

大きさが分かりやすいように、コストコの会員カードと比較してみました。

これで、大きさがお分かり頂けたでしょうか?

パッケーの裏面には、商品の詳細が書いてありました。

中は粗挽き、外は細挽きでふっくら包み、二段加熱で旨味をじっくり閉じ込めました。
一晩ねかせた自家製デミグラスソースの濃厚な味わいが美味しさを引き立てます。

うーん、とても美味しそうな感じがしますねー。
そうそう、あとで感想を書きますが、この商品はこのデミグラスソースが絶品なのです。

さて、このハンバーグステーキの作り方のポイントはたったの1つです。
それは
水から加熱すること!
です。

普通、この手のレトルト食品は、グツグツ煮立ったお湯の中に突っ込んで温めるのですが、この商品は水から温めます。
パッケージの裏面に作り方が書いてありますので、必ずチェックするようにしましょう!

では、早速鍋に水をいれて、そこにハンバーグステーキのパウチを入れます。
(今回は自分ひとり分だったので1個しか入れていません)

とりあえず、フタをして沸騰するまで待ちます。


沸騰したら火を弱めて7分〜10分程度温めます。

温めたら鍋からパウチを取り出します。やけどしないように注意しましょう!

パウチはハサミがなくてもパカーンって開けることができますよ。

それを、お皿に盛り付けたら完成です!ひゃー簡単!

伊藤ハム『ハンバーグステーキ』を食べてみた感想・口コミ

さて、水から温めてトータルで約20分程度でハンバーグステーキが完成しましたー!

とても美味しそうです!
そして、デミグラスソースの香りもいいですね。
まるで洋食屋さんのようです。

今回は、更にコストコで売っているオニオングラタンスープでスープと一緒にいただきます。

このコストコのハンバーグステーキの迫力が凄いです!

この厚み!3センチくらいあるでしょうか?
やっぱりハンバーグは薄っぺらいものではなくて、ガッツリと分厚いハンバーグがいいですよね!
お箸で割ってみると・・・


肉汁がじゅわーっと溢れ出します。
そして、一口サイズに切ってデミグラスソースをたっぷり絡めて白いごはんと一緒に食べてみました!

うーんっ!しあわせー!

味の表現が出てこなくてごめんなさい(笑)
いや、これは美味しい!
ハンバーグは、ふっくらしていてとてもジューシーです。
そして肉自体も美味しいのですが、何といってもこのタップリのデミグラスソースの味と香りがハンパないですね。
いろいろな素材が含まれているせいか、味にとても深みがありますね。
まるで、ビーフシチューのような感じもしますよ。

ハンバーグにデミグラスソースを絡めながら食べても、ソースがかなり余ります。
今回は、お行儀が悪いですが、どうしてもどうしても我慢できずに、こうしてしまいました!
えいっ!


ひゃー最高に美味しいー!
でも、やってはいけないことをしてしまいました(反省!)
この食べ方は最高に美味しいですね。

このハンバーグステーキですが、とても大きいので女性なら半分でいいかもしれません。
ウチは4人家族なので、妻と娘は半分ずつ、自分と息子は1個ずつ食べています。
ただ、できたら3個パックじゃなくて4個パックにしてくれると嬉しいですね。

注意点としては、絶対にアツアツの状態で食べたほうが美味しいです。
当たり前ですが、冷めてしまうと含まれている脂が固まってしまいます。
それだけは注意しましょう。

伊藤ハムの『ハンバーグステーキ』の活用例

今回はハンバーグステーキだけで食べましたが、工夫すればいろいろな食べ方ができて楽しいです。
・チーズハンバーグに!
温めたハンバーグステーキにスライスチーズをのせれば、チーズハンバーグに大変身!
デミグラスソースとチーズは最強タッグです!

・ロコモコに!
目玉焼きとレタスなどのサラダを用意すれば、ハワイアンなロコモコも楽しめます!
ロコモコにしてご飯と一緒に食べれば、お行儀も悪くないですよね(笑)
本当は、グレービーソースで食べるのが本当のロコモコなんでしょうけど、デミグラスソースでも美味しいですよ。

・パスタと一緒に!
このハンバーグステーキを作るときは、野菜やきのこ、パスタなどを用意しておくといいですよ。
そうすると、パスタにデミグラスソースをタップリ絡めて食べられるので1度で2度楽しめます。

その他にもアイデア次第で活用できそうですね。

まとめ

今回は伊藤ハムの『ハンバーグステーキ』を紹介しました。
最近はレトルトとは思えない、レストランで食べるような本格的なハンバーグが簡単にできる商品が出ていますね。
でも、コストコで売っている伊藤ハムの『ハンバーグステーキ』は、他の商品に負けず劣らずとても美味しいです!
コストコでハンバーグステーキを置いている場所がわかりにくくて、意外と知られていない商品ですけど、是非試してほしいと思います。
ただ、さすがにこれだけのクオリティーの商品ですので、価格は少し高めです。
通常価格は1,048円します。
たまにセールになっていて200円引きになることもあるので、そういった時を狙って買うのもいいかもしれません。

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

関連コンテンツ

人気記事ランキング

書いた人:コストコ男子



コストコアドバイザー
千葉県千葉市在住。妻と子供2人の4人家族。
コストコ歴10年以上のコストコ熱烈カスタマー。
コストコに関する広範囲にわたる知識を持つ。
幕張倉庫店をメインに出没中。

プロフィール全文はこちらからどうぞ!

インスタグラムもやっています♪

Instagram

ブログ村