コストコアドバイザーのコス男によるコストコおすすめ商品紹介のブログです。コストコの人気商品のランキングや店舗情報、コストコ通販、渋滞予測なども掲載しています。

高雄にある蓮池潭(れんちたん)は、ナニコレ珍百景に出てきそうな、子供でも楽しめる風景。【台湾旅行記】

スポンサードリンク

台南観光を終えて、バスは本日の宿泊先でもある高雄へ向かいました。
台南は、歴史中心の観光スポットでしたので、子供達は若干退屈気味。
気を取り直して、バスに乗り込み、約1時間。
ついに今回の旅で、一番南に位置する、高雄にやってきました。

早速紹介しますね。

高雄ってどこなの

高雄は、台湾の南に位置する港町です。
重工業も盛んで、台南から高速道路で行く途中、
工場がたくさん建ちならんでいました。

高雄の場所は、こちらですよ。

首都台北からはかなり遠いように見えますが、
新幹線が開通していて、台北から大体1時間半くらいで
アクセスできる場所にあります。

今回は桃園からずっとバスできましたが、3日目には
高雄から台北まで新幹線に乗りました。
それも後日レポートしますね。

高雄の観光で注意すること!

ガイドさんにも注意されたのですが、高雄の人は
交通ルールを守らない人がとても多いのだそうです。

蓮池潭(れんちたん)の駐車場に到着して、道路を横断するとき
にも、赤信号でも車やバイクがビュンって通ります。

さすがに、大人数で渡っているときは止まりますが、
1人で渡るときは、本当に注意しないと、ひかれて
しまいますよ。

龍の口から入って、トラの口から出てくる?!子供も大喜びの蓮池潭(れんちたん)

さて、蓮池潭(れんちたん)にやってきました!
最初の印象は、上野の不忍池を大きくした感じです。
P_20150824_183026_HDR

池の周りは遊歩道になっていて、ジョギングをしている
現地の人たちがいました。

蓮池潭(れんちたん)の池の上に、金属製のワイヤーがつられていて、
「何かなー?」
って思っていたら、モーターのような機械がワイヤー
にそってやってきました。
「おっ?」
と思ってみてみると、その機械から下にロープが出て
いて、蓮池潭(れんちたん)の水面をスイスイーっとすべる水上スキー
でした。しかも、乗っているのは子供。

「すごーい!」

一緒にいた観光客含め、うちの子供たちも開いた口が
ふさがりません。

さらにしばらく歩くと、台湾っぽい塔が建っていました。
しかも、塔の下には龍とトラがいます。
P_20150824_182537_HDR
P_20150824_182533_HDR
P_20150824_182429_HDR
P_20150824_182345_HDR
P_20150824_182749_HDR

ガイドさんについていきました。

橋を渡ると、龍の口がパカーンと開いています。

大人が3,4人入れそうな大きな龍の口から、入って生きます。

中には、地獄を描いたと思われる人形を使ったオブジェが
ありました。距離は10メートルくらい。

外に出ると、2つある塔の片側の1階に出ました。
そして、そこから、もう一方の塔に渡り、トラの
お尻からトラの体の中に入りました。

そして、また10メートルくらい歩いたら、トラの
口から出てきました!

子供達も大喜びです!

記念に家族4人でガイドさんに写真を撮ってもらいました。

まとめ

蓮池潭(れんちたん)の「潭(たん)」という字を見て、
また日月潭のような自然あふれる湖かと、正直思っていました。

でも、実際に行ってみると湖ではなくて池。

しかも、市街地から近くて、おそらく新幹線の駅からも
タクシーを使えば数十分でいけるアクセスのいい場所でした。

また、龍とトラの口から出入りする斬新なアイデアが
子供達の子供心を刺激してようで、子供も大喜びでした!

日本と台湾の友好の歴史を知りたい人の本

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

関連コンテンツ

スポンサードリンク

知らなきゃ大損!
コストコで使えるカードは年会費無料じゃないとね!コストコ通が持ってる初年度年会費無料の当サイトおすすめのカード2種類はコレ!2年目以降は毎年1度でも使えば毎年年会費がタダです!
>>>詳しくはこちら!






人気記事ランキング

書いた人:コス男



コストコアドバイザー
千葉県千葉市在住。妻と子供2人の4人家族。
コストコ歴10年以上のコストコ熱烈カスタマー。
コストコに関する広範囲にわたる知識を持つ。
幕張倉庫店をメインに出没中。

プロフィール全文はこちらからどうぞ!

インスタグラムもやっています♪

Instagram

ブログ村