コストコアドバイザーのコス男によるコストコおすすめ商品紹介のブログです。コストコの人気商品のランキングや店舗情報、コストコ通販、渋滞予測なども掲載しています。

【高山の人も絶賛】コストコの老田屋「飛騨高山ラーメン」が美味しい

コストコにはパスタやそうめん、お蕎麦など様々なジャンルの麺類が売られていますが、今回紹介するのはコストコ男子イチオシの飛騨高山らーめんです!自宅に居ながらにして岐阜県の本場の飛騨高山らーめんを堪能できる商品は、普通のスーパーではなかなかお目にかかれません。
しかも、この商品をインスタで紹介したところ、高山ご出身の方もオススメというコメントを頂いたほどです。

元々は、コストコの岐阜羽島倉庫店がオープン時に、岐阜羽島倉庫店だけでしか売られていなかったようなのですが、期間限定のロードショーなどで販売されるようになり、今ではコストコ男子のホームコストコである幕張倉庫店でも販売されるようになり、おそらくほぼ全国の倉庫店で販売されるようになりました。

ではこのコストコで売っている老田屋の飛騨高山ラーメンはどんなものなのか?
さっそくレビューしていきたいと思います。

 

コストコで飛騨高山らーめんを買ってきました!

コストコに行って老田屋(おいだや)の飛騨高山らーめんを買ってきました!

コストコの倉庫店の中のインスタントラーメンなどが販売されている近くに置いてあるのですが、あまり目立たないところなので見落とさないようにチェックしていけばあると思います。

パッケージのデザインはこんな感じです。

このコストコの飛騨高山らーめんは8色入りで998円でした。ということは、1食あたり約125円です。

買った後で、この老田屋さんのホームページを見てみたら、通販もやっているみたいです。でも、この商品と全く同じ商品は販売されていませんでした。
老田屋さんの通販サイトの中には、似たような高山らーめんや飛騨らーめんが販売されていたのですが、2食で330円とか、10食で2,500円くらいします。そう考えると8色で998円というのは、かなりお得ですね!

しかも、この飛騨高山らーめんは、ゆで時間がたったの40秒~60秒ということで、食べたくなったらすぐにできるのが嬉しいですね!

 

コストコの「飛騨高山らーめん」の作り方

コストコの老田屋「飛騨高山らーめん」の作り方ですが、とても簡単です。パッケージの裏面に作り方が書かれていますよ。

1.お湯をわかす
大きめの鍋に、たっぷりのお湯(1食あたり約2リットルが目安)を沸かします

2.スープを作る
1のお湯を約300cc丼に移し、添付のスープを溶かします

3.麺をゆでる
お残りのお湯で麺を40秒(硬めの場合)~60秒(柔らかめの場合)ゆでます。

4.出来上がり!
茹で上がった麺をしっかり湯切りして、2で用意したスープに入れて食べます。お好みでネギ・メンマ・焼豚などを添えます。

 

コストコで飛騨高山らーめんを作ってみました!

ということで、作り方を覚えたら、さっそく実際にコストコの飛騨高山らーめんをつくってみましょう!

箱の中から麺とスープを取り出します。

ゆでる時間が40秒とあっという間なので、すぐに対応できるように準備万端にしておきます。
ちなみに40秒といっても、実際には丼に入れる時間とか運ぶ時間がありますので、硬めではなくて、ちょうどいいくらいになりますよ。
60秒だと、ちょっとゆですぎかなっていう感じになります。
僕のおすすめは実際のゆで時間が40秒です。

事前にスープを丼に入れておきます。パッケージの説明書きには、麺をゆでるお湯をつかうと書いてありますが、お湯の量をはかるのが難しいので、あらかじめ水の状態で必要なお湯の量をはかってから、ティファールの電気ポットでスープの分のお湯をつくりました。
お湯の量によって、スープの美味しさに影響が出ますので、絶対に目分量でやらないほうがいいですよ。

ティファールならあっという間にすぐに沸きます(笑)

こちらお湯を注いだ状態です。

醤油のスープの良い香りが漂ってきますよ

そして、いよいよ麺をゆでます!なぜかスープの袋はマジックカットになっているので、ハサミ無しでも切れるのですが、麺の袋はマジックカットになってないのでハサミが必要です。ハサミを用意して事前にカットしておくといいですよ。たったの40秒ですが、これもストップウォッチで測定しました。

麺を投入しただけでは、麺同士が固まってくっついてしまうので、お箸でよくほぐします。

そして、ざるにあけて・・・

先程のスープに入れて完成しました!

今回は、ネギとゆで玉子、そしてコストコで買ったチャーシューをトッピングしました。

 

コストコの老田屋「飛騨高山らーめん」の味は?

コストコの老田屋「飛騨高山らーめん」の味ですが、これがメチャクチャ美味しいです。何というか、正統派の醤油ラーメンっていう感じですかね?最近は脂ギトギト系のラーメン屋さんが流行っているみたいですけど、僕はこういう昭和の昔ながらの醤油ラーメンが好きですねー。

出汁はカツオのおだしだと思いますが、すごく風味がいいです。
最初は、ラーメンで有名な観光地のおみやげやさんに売っているような、なんちゃってご当地ラーメンのお土産のような味を想像していたのですが、これは本格派です!

麺も細麺で、あっさりとして醤油スープに良く絡んで美味しいです。太麺よりも僕は細麺が好きなもので・・・
麺自体のボリュームは、それほどないので男性なら1人で2玉くらい平気で食べられそうな感じがしますよ。

このクオリティーで8食998円は本当にお得だと思いました!高山の出身の人もオススメしていた理由が分かりました。

 

コストコで売っている飛騨高山らーめんの製造元の老田屋とは?

それにしても、この飛騨高山らーめんを製造している老田屋はどんな会社なのでしょうか?ちょっと調べてみました。
先程も書きましたが、この老田屋は「おいだや」と読むそうです。

元々、1800年頃から米屋をやっていたそうですが、パッケージに書いてあるように明治34年(1901年)に製麺屋として創業しています。ただ、当時はまだラーメンではなくて、うどんやそばを作っていたみたいですね。ラーメンを作り始めたのは戦後間もない昭和20年だそうです。

飛騨とえば、水も空気もおいしい場所ですから、ラーメンも美味しく作れるというわけですね。
老田屋は、特に水にこだわっていて、水源全体が「大洞湧水群」と呼ばれる湧き水で、その湧水を3種類のフィルターにかけてろ過した水が、工場内のどの蛇口をひねっても出るようになっているそうですよ。

 

まとめ

ということで、コストコで販売されている老田屋の「飛騨高山らーめん」を口コミレビューしました。
昭和の懐かしい正統派醤油ラーメンがお好みの人には、ぜひ一度食べてほしいと思います。トッピングはネギとチャーシュー、メンマあたりがちょこっとあれば十分ですよ。あまり余計な味を加えないほうがいいです。

余分な保存料(プロピレングリコール、ソルビン酸、ソルビット、焼成カルシウム等)は一切使用していないそうですので、健康面でも安心ですよね。
元々、限られた倉庫店でしか販売されていなかった「飛騨高山らーめん」が、ようやく全国のコストコでも販売されるようになったので、無くなってしまわないようにリピ買いして応援したいと思います。

是非みなさんも試してみてくださいね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連コンテンツ

スポンサードリンク

人気記事ランキング

書いた人:コストコ男子



コストコアドバイザー
千葉県千葉市在住。妻と子供2人の4人家族。
コストコ歴10年以上のコストコ熱烈カスタマー。
コストコに関する広範囲にわたる知識を持つ。
幕張倉庫店をメインに出没中。

プロフィール全文はこちらからどうぞ!

インスタグラムもやっています♪

Instagram

ブログ村